鼻毛ワックスは涙が出るほど痛い!?痛みを減らすコツとは?

手足のムダ毛処理にワックス脱毛はおなじみですね。
最近は鼻毛処理にもワックスが大活躍です。
そうなんです、鼻毛にワックスを絡ませて毛根から鼻毛を処理します。
‘鼻毛ワックスは涙が出るほど痛い’なんて言われますが、耐えられる痛みなのか気になりますよね?
この記事では、鼻毛ワックスの脱毛時の痛みを減らすコツ2つをご紹介します。
また、脱毛後のアフターケアも大切。そちらも載せてあるので、ぜひ目を通してください。

スポンサードリンク

鼻毛ワックスはどれくらい痛いの?

一気に毛を抜くので“かなり痛そう”と思われています。

しかし、意外と痛くないです(笑)

というのは、痛みが一瞬だからです。
確かに、ワックス脱毛は複数の毛を同時に抜くので痛みはありますが、痛みは本数に比例しません。

ピンセットで一本一本抜くほうが痛みは強く感じます。
一本ずつ抜くとは、一本ごとに痛みが発生するわけで、全部の毛を処理している間ずっと痛いということです。

それと、鼻毛ワックスの痛みには、男性のほうが意外と平気だったりします。

男性の中には、日ごろから鼻毛を抜いて処理する習慣が多いからだと思います。
まぁ、慣れでしょうね。鼻毛を抜く痛みに耐性があるという事です。

女性が眉毛をピンセットで抜いても平気なのと似ているかもしれませんね(笑)

痛みを減らすコツ2つ

少しでも痛みはないほうがいいですよ!

そのためにこの2点をおさえておきましょう。

まず一つめは、スティックを鼻の奥のほうまで入れない。

鼻の奥は、敏感で痛みを感じやすく傷つきやすいです。
当然スティックを奥のほうまで入れると、痛みも強くなります。

鼻毛ワックスは、鼻の入り口の毛を処理するものです。

何より、鼻毛はチリやホコリを体内に入れないようにするフィルターの役目のある大切な毛です。鼻の奥の毛まで処理するのはよくありません。

二つめに、ワックスはつけすぎないこと。

適量が一番毛によく絡みます。量を多くしても効果は変わりません。

ワックスが多く鼻の奥の毛まで巻き込んでしまうと痛みが増えます。

また、ワックスは鼻の中に残ると取り去るのが大変です。
鼻の入り口に行き渡るだけの適量を守りましょう。

鼻毛ワックスの脱毛効果とは?

鼻毛ワックスは、大なり小なり痛いわけで、効果が高ければやった甲斐がありますよね!

脱毛効果その1 一瞬で脱毛できる

鼻毛ワックスは、鼻の入り口付近、つまり、見える部分の鼻毛を一気に処理することができます。

ワックスに絡まった毛は抜くことができるので、少し長めの毛も忘れずに処理できてGOOD。
ピンセットで抜いたりハサミで切っていても、一本だけ毛先がチョロンと出ていたカナシイですよね。

ワックス脱毛ならそんな失敗はなくなります。

脱毛効果その2 脱毛の持続性が長い

スポンサードリンク

毛根から毛を抜くので、次に生えててくるまで時間がかかります。
その間は、鼻毛のお手入れは不要です。

一回鼻毛ワックスをすると、10日~二週間くらいは持ちます。
鼻毛の処理の回数を減らしたい人には、もってこいのお手入れです。

脱毛効果その3 テクニックいらずで脱毛できる

鼻毛ワックスは、専用のスティックにワックスを塗って鼻に差し込み、引き抜くだけで脱毛できます。

画像元:株式会社ラグジー

このように専用のスティックに溶かしたワックスをつけます。

やり方がとてもカンタンです!誰でもすぐマスターできる脱毛方法です。
説明書通りすれば、はじめてでもうまくできます。

欲張って必要以上にワックスを山盛りにしたり、スティックを鼻の奥まで入れるのは厳禁です。

知らないとトラブルになるワックス後のアフターケア

肌トラブルを防ぐためにも、脱毛後のアフターケアはマストです。

鼻毛ワックス後も、もちろんアフターケアは必要です。

では、どのようにしたらいいのかというと、

綿棒にオキシドールやマキロンを含ませ、鼻の入り口(鼻毛ワックスをした部分)を拭きます。

脱毛によって開いた毛穴を閉じることが大切です。
鼻の中は菌が多いので、脱毛箇所を清潔にしましょう。

オキシドールやマキロンをお勧めしましたが、消毒用アルコールで代用はやめましょう。
というのは、アルコールを鼻から吸うとむせる原因になります。
また、鼻の粘膜は敏感なので、脱毛直後だとしみることがあります。

ですから、脱毛後は、刺激の少ないオキシドールやマキロンが適しています。

鼻毛ワックスは涙が出るほど痛い!?痛みを減らすコツとはのまとめ

  • 鼻毛ワックスはどれくらい痛いの?
    意外と痛くない、ピンセットで一本一本抜くより痛くない。
    痛みは本数に比例しません。
  • 痛みを減らすコツ2つ
    1、スティックを鼻の奥のほうまで入れない
    2、ワックスはつけすぎないこと
  • 鼻毛ワックスのその脱毛効果とは?
    【脱毛効果その1】 一瞬で脱毛できる
    鼻毛にワックスを絡ませてワックスごと引き剥がすので、多い毛も一度で処理できます
    【脱毛効果その2】 脱毛の持続性が長い
    一回鼻毛ワックスをすると、10日~二週間くらいは持ちます。
    【脱毛効果その3】 テクニックいらずで脱毛できる
    やり方がとてもカンタン、専用のスティックにワックスを塗って鼻に差し込み、引き抜くだけで脱毛できます。
  • 知らないとトラブルになるワックス後のアフターケア
    綿棒にオキシドールやマキロンを含ませ、鼻の入り口(鼻毛ワックスをした部分)を拭きます。消毒用アルコールで刺激が強いのでおすすめしません。

最後に

鼻毛ワックスの最大のメリットは、鼻毛が一番気になる鼻の入り口付近を無毛に処理できることです。
鼻毛カッターより、もうちょっとお手入れしたいなというときに鼻毛ワックスはぴったりです。

当ブログではこの記事の情報についての責任は負いかねますので、この記事の情報を参考にしていただく場合には、ご利用者様ご自身の責任でお願い致します。

スポンサードリンク