わき毛処理を除毛クリームでできるの?成功ポイント2つ

“除毛クリームは腕や脚のムダ毛処理にしか使ったことないよ~”という人必見です。
わき毛処理に除毛クリームって使い勝手がけっこういいって知ってましたか?
そうなんです、わき毛は腕や脚の毛に比べて、太くて硬いので除毛クリームには不向きと思われているんです(泣)。
わき毛の除毛には、おさえるべきポイントがあります。
除毛クリームでの脱毛のポイントは、処理前の準備と除毛クリームの拭き方が大切ですよ。
この記事で除毛クリームの使い方をマスターすれば、キレイな脇が手に入ります。
毎回のムダ毛のお手入れた楽しくなること間違いなしです。
ぜひ、チェックしてくださいね。

スポンサードリンク

成功のポイントはたった2つ!?除毛クリームでわき毛処理

わき毛処理と言えば、抜くと剃るが代表的です。

除毛クリームは、毛がところどころ残ってしまう事があるのでわき毛処理に向いていないと思われています。

除毛クリームでスッキリキレイにわき毛を処理するコツってあるんでしょうか?

わき毛処理を除毛クリームで行うポイントは2つです。

1、わき毛を短く切りそろえる

2、除毛クリームの拭き取りは二度拭き

この2点をおさえれば、除毛クリームで驚くほどわき毛がキレイに処理できます。

事前処理:わき毛を切りそろえる

そもそも除毛とは、毛をチオグリコール酸カルシウムという薬剤で溶かして処理します。
除毛で大切なことは、毛の根元まで薬剤を行き渡らせることです。

そのためには、事前に処理が重要です。

まずは、わき毛を短く切る必要があります。
だいたいでいいんですが、1~2センチくらいに切ります。

わき毛は長いですよね。

長いままだと、毛を覆うために除毛クリームもたくさん必要になります。
また毛が長いと、毛の根元に薬剤が届かない所も出てきて、毛が残ってしまうことがあります。

なので、除毛クリームを塗る前は、面倒がらずにわき毛を短く切っておきましょう。

除毛クリームの拭き取りは二度拭き

除毛クリームでの脱毛の手順は、

除毛クリームを毛が隠れるくらいに塗る

規定の時間放置(商品に書かれている時間を守りましょう。だいたい5~15分程度)

ティッシュやヘラ等でクリームを取り除く←この時に除毛クリームと一緒にムダ毛が取れます

シャワーで洗い流す

では、これでキレイに処理できますが、もうひと手間かけることでスッキリムダ毛が処理できます。

それは、二度拭きです。

二度拭きとは、ティッシュやヘラ等でクリームを取り除いた後に、濡らしたタオルでもう一度拭きます。

つまり、シャワーで洗い流す前に、濡れタオルで優しく拭いて毛を除去することです。

やり方は、濡れタオルを人差し指に巻き付け、小刻みにクルクルと円を描くように動かします。

これをすることで、皮膚のギリギリのところまでムダ毛を取ることができ、脱毛が長持ちし、黒いポツポツができにくくなります。

ムダ毛のない肌を長くキープしたいなら、このひと手間かけるべしです!

除毛クリームのメリット・デメリット

ここでおさらいしておきたいのが、除毛クリームのメリット・デメリットです。
やはり、いいところ・使い勝手が悪いところがあるので、きちんと知っておいて、事前に肌トラブルを防ぎましょう。

スポンサードリンク

メリット

・脇の凹凸にぴったり密着して脱毛効果が高い

カミソリの場合、凹凸のある箇所だと刃が届かなず、剃り残しができてしまいます。
除毛クリームなら、脇に密着するので、薬剤が毛の隅々にまで届き脱毛効果が高いです。

・肌に優しい

カミソリや電動シェーバーは皮膚の角質をムダ毛と一緒に削ってしまい、傷やカミソリ負けの原因を作ってしまいます。

除毛クリームの場合、角質を削ることはないので肌荒れとは無縁です。

・毛が生えにくくなる

毛根近くまで処理でき美肌を長い間キープできます。
除毛クリームは、毛根近くまで届くのでムダ毛の見えているところギリギリまで処理することができます。
なので毛のない肌を長い間保つことができます。

・チクチク感が軽減する

毛を溶かして脱毛するので、毛先がとがっていないので、伸びてきたときにチクチクしません。
伸びてきたときの不快感がありません。

デメリット

・肌に合わない・アレルギーで使用できない

除毛とは、チオグリコール酸カルシウムという薬剤を使って毛を溶かして脱毛します。
薬剤を使用する以上、肌に合わないこともあります。
除毛に使われる薬剤はマイルドでありますが、個人の体質により、合わ・合わないがあります。

肌が弱い人は、肌トラブルを避けるために、少量を塗ってパッチテストを行うといいしょう。

・肌の刺激になり得る

ほとんどの市販の除毛剤はアルカリ性です。

アルカリ性だと、肌が乾燥して刺激を受けやすくなります。
傷や湿疹やある場合、除毛クリームがしみたりかゆみを生じます。

そういった場合は、傷が治るまでムダ毛処理は避けるようにしましょう。

あと、アルカリ性のものは、油分もよく落とすので、肌が乾燥しやすくなります。
除毛クリームには、保湿成分が入ったものをちゃんと選しましょう。

除毛後の肌はデリケートです。
保湿をして刺激から肌を守りましょう。

わき毛処理を除毛クリームでできるの?成功ポイント2つのまとめ

  • 成功のポイントはたった2つ!?除毛クリームでわき毛処理
    1、わき毛を短く切りそろえる
    2、除毛クリームの拭き取りは二度拭き
  • 除毛クリームのメリット・デメリット

    メリット
    ・脇の凹凸にぴったり密着して脱毛効果が高い
    ・肌に優しい
    ・毛が生えにくくなる
    ・チクチク感が軽減する

    デメリット
    ・肌に合わない・アレルギーで使用できない
    ・肌の刺激になり得る

最後に

除毛クリームでキレイに仕上げるポイントを知っていれば、わき毛処理の選択の幅が広がりますね。カミソリ負けで肌あれが気になる人は、除毛を試してみてください。

当ブログではこの記事の情報についての責任は負いかねますので、この記事の情報を参考にしていただく場合には、ご利用者様ご自身の責任でお願い致します。

スポンサードリンク