イミダペプチドにうつ改善の効果アリ?その関係を大解説

イミダペプチドでうつ改善と言われても、うつ改善にどう効くのかイマイチわかりませんよね。
そりゃそうですよね、イミダペプチドは疲労回復成分であって、うつとの関係はどこにあるんでしょうか?
イミダペプチドとうつ改善は関係はというと、イミダペプチドの活性酸素を取り除く効能にあります。
疲れとは肉体疲労だけでなくストレスによる脳の疲労もあり、うつ状態は脳疲労を強く感じているんです。
この記事で疲労の仕組みを知って、心と体のリフレッシュに役立てください。

スポンサードリンク

イミダペプチドとうつの関係とは

イミダペプチドって疲労回復成分でしょ、そのイミダペプチドでうつ改善といわれても、何だかピンとこないですよね・・・?

イミダペプチドとうつ改善の関係は、イミダペプチドの活性酸素を取り除く効能にあります。
イミダペプチドは、高い抗酸化力で活性酸素を取り除き疲労回復を促進させます。

疲労とは、体を動かし続けることやストレスにより活性酸素が発生した状態です。
体が疲れると肉体疲労となり、脳が疲れると脳疲労(精神疲労)となります。

そして、うつ状態では、強いストレスにより活性酸素がたくさん発生した脳疲労(精神疲労)の状態なんです。

555f19e0f39ae0c562d1f92edcf4213d_s

なので、うつ改善にイミダペプチドを摂ることは効果的というわけです。

さてさて、せっかくなのでもう少し詳しく疲労について見てみましょう。

疲れはどこからやってくる?

疲労は、体を動かし続けたことで発生した活性酸素が細胞を傷つけることによって起こります。
緊張やストレスを感じることで活性酸素は発生し、脳疲労(精神疲労)になります。

‘今日はたいして動いてないのに、ドッと疲れたな~’というのは脳が疲れたサインだったんです。

さて、うつ病というと、心の部分に目がいきますが、体の不調もいろいろ抱えているんです。
とにかく心も体もヘトヘトに疲れ切っている慢性疲労のため自律神経も乱れがち。そこから体の不調を引き起こします。

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、お互いにバランスを取ることで健康を保っています。

交感神経=やる気、活動のスイッチ
副交感神経=休息、リラックスのスイッチ

スポンサードリンク

疲れがたまって自律神経のバランスが崩れると、眠れない(寝つきが悪い)、食欲がない、便秘や下痢を繰り返すなどがあります。
これは交感神経のスイッチが入ったままで、常に脳と体が活動した状態です。

脳も体も休める間がないと、疲れは溜まる一方です。
これが慢性疲労となり、この疲れは栄養ドリンクを飲んでもなかなか取れないです(泣)

慢性的な疲れや日々のストレスや悩みなどが積み重なるとうつ病の引き金になり、さらに体調を崩すことで健康不安を引き起こし、これもまたうつ状態を加速させる要因になります。

疲労回復のためにすることは?

91d290170aa5f4d68a312575a0b74803_s

疲労回復のためには、まず、休息です。体を休ませることが最も重要です。

しかし、うつ病の人は休むことが苦手な傾向があります。
とにかく動いていて動いて、止まれない(休めない)こともよくあるんです。

なので、そんな時はサプリメントなどを利用して疲労回復を手助けるのもよい方法です。
イミダペプチドの場合、疲労の元に直接効くということ、肉体疲労と脳疲労の両方に効果を発揮する点で、より高い抗疲労効果が望めます。

イミダペプチドにうつ改善の効果アリ?その関係を大解説のまとめ

  • イミダペプチドとうつの関係
    イミダペプチドとうつ改善の関係は、イミダペプチドの活性酸素を取り除く効能にあります。
    うつ状態では、強いストレスにより活性酸素がたくさん発生した脳疲労(精神疲労)の状態です。イミダペプチドの高い抗酸化力で活性酸素を取り除き疲労回復を促します。

  • 疲れはどこからやってくる
    疲労は、体を動かし続けたことで発生した活性酸素が細胞を傷つけることによって起こります。緊張やストレスを感じることでも活性酸素は発生し、脳疲労(精神疲労)になります。

  • 疲労回復のためにすること
    疲労回復には休息です。体を休ませることが最も重要です。
    慢性疲労には抗疲労効果の高いサプリメントなどを利用して疲労回復を手助けも一つの方法です。

最後に

慢性疲労は、自律神経のバランスを崩すきっかけになります。心身共に疲れ切ってしまう前に、ゆっくり休める時間を作ってくださいね。

>>疲労はビタミン不足じゃない?【イミダペプチド】で疲れ知らずのカラダを手に入れる方法を知りたい人はこちらもチェック!

当ブログではこの記事の情報についての責任は負いかねますので、この記事の情報を参考にしていただく場合には、ご利用者様ご自身の責任でお願い致します。

スポンサードリンク