手湿疹の薬でおすすめの市販薬は?

突然の手のかゆみ。見たらガサガサ、あら、ところどころジュクジュクして痛い。
これは手湿疹によく見られる症状です。
手荒れは人目に付くので、かゆいのに、かくことできないストレスも溜まります(泣)
こんな時、市販薬で効く薬があるならすぐ治したいですよね?
手湿疹の薬をお探しなら、おすすめはメンソレータムのメディクイック軟膏タイプです。この軟膏タイプは、患部を保護ししっとり感に優れています。
またこの記事では、皮膚科にかかった場合、よく使わる薬も調べておきましたのそちらも参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

この症状はもしかして手湿疹?

手湿疹とは、毎日水仕事をする人(主婦、美容師・理容師、調理師など飲食店関係者など)がかかるひどい手荒れです。

手湿疹の症状は、水泡、ジュクジュクとしたただれ(びらん)、かゆみ、乾燥、ひび割れ、皮膚が硬くなる(角化)などがあります。

最初に手湿疹に気づくのは、少しかゆくて、見てみると皮膚が赤くなっていたり、小さな水泡ができている程度です。これが湿疹とは気づかず放置してしまうことが多いです。

段々とかゆみが強くなって赤みが広がり、「こりゃナンダ!?大変!何とかしなきゃ」となります。水泡がつぶれてただれたり、ひび割れて痛いという症状も出てきます。

手湿疹の原因

水仕事によるお湯や洗剤によって皮脂膜が取れたことによる乾燥が原因です。
乾燥すると、外から刺激を受けやすくかゆみや炎症を引き起こします。

手には皮脂膜という自分の皮脂で作られた保護膜があります。
この皮脂膜は、乾燥を防いだり外からの刺激を守る働きがあります。

しかし、お湯や洗剤を頻繁に使う場合、皮膚から皮脂を出しても皮脂膜が常に洗い流されてしまうので、乾燥してしまいます。

なので、手湿疹は水仕事をする人(主婦、美容師・理容師、調理師など飲食店関係者など)がかかりやすいと言われているのです。

c2bf3ccf73c58871a92292066e01a6de_s

また、摩擦よっても皮脂膜は取れます。

例えば、紙やお札、布をよく触る作業でも皮脂は取れ手湿疹の原因になりますし、何とパソコンも手湿疹の原因の一つになります。
水仕事以外に、事務員やレジ係の人が手湿疹になります。

常にキーボードと指の摩擦で皮脂膜が取れて乾燥するのです。
そういえばパソコンをよく使っていると指先がカサつくのはこれが原因だったんです!

手湿疹になってしまった!治し方は?

手湿疹はかゆい、痛いというのもありますが、手なので人目に付く、隠すことも使わないようにすることもできず、これも辛いところです。

早く治したい、効果的な治療がしたいと思いますよね。

手湿疹の治し方は、基本塗り薬です。ステロイドの入った塗り薬が効果的です。
症状が出てしまっているので、ハンドクリームや化粧品では治すことができません。

とはいっても、どんな薬を選んだらいいかわかりませんよね。
手湿疹の市販薬にはどんなものがあるか見てみましょう。

おすすめ市販薬

薬局やドラッグストアて手に入る手湿疹の塗り薬があります。
病院に行く時間がない時や早くかゆみを鎮めたい時は市販薬を活用しましょう。

おすすめは、メンタームのメディクイックの軟膏です。img_125319_01

スポンサードリンク

画像引用元:ロート製薬商品情報サイト

このメディクイックにはクリームタイプと軟膏タイプがありますが、なぜ軟膏のほうがおすすめかと言うと、患部を保護ししっとり感があるからです。
クリームだと、炎症がひどいとややしみる可能性があるので、軟膏がいいと思います。

クリームでも軟膏でも有効成分は同じなので、効き目に差はありません。
最終的には、使用感の好みで選んでくださいね。

  • クリームタイプは使用感がサラッとしていてベタつくの苦手な人向き
  • 軟膏タイプはしっとりしてるので重めの使用感が好きな人向き

メンソレータムのメディクイックは、手湿疹に効くと書いてあるのでわかりやすですが、他にも手湿疹に効く塗り薬がいろいろあります。
薬局には薬剤師がいますので、相談しながら買うといいですよ。ステロイドの種類や使い方など教えてくれます。

皮膚科で手湿疹を治療する場合は?

手湿疹の治療の基本は塗り薬です。
市販薬と違うところは、病院では使えるステロイドの種類が多いことや効きめの強さも細かく設定できます。

また、必要に応じて飲み薬を使うこともあります。

塗り薬による治し方

ステロイドの入った塗り薬で治します。

ステロイドは症状の重症度に合った薬で正しい使い方をすれば、効果的で安全な薬です。
皮膚科では、様々なタイプのステロイドがあります。
効きめが穏やかものから強めのものまで、症状に合わせて出すことできます。

例えば、リンデロンはステロイド+抗生剤の入った薬で傷がひどく感染が心配される時に効果的、アンテベートは赤みや炎症を沈めるのによく効きます。

その後、経過をみながら必要であれば薬の種類を変えたり保湿剤を処方したりします。

飲み薬による治し方

飲み薬には二種類。

抗アレルギーと漢方薬です。
いずれもの飲み薬も塗り薬と一緒に使われることが多いです。

抗アレルギー剤は、今あるかゆみを抑えて症状の改善と悪化させないようにします。
特に夜、寝ている時に無意識的にかきむしってしまう場合は飲み薬を使うといいでしょう。

よく使われる漢方薬は、炎症を沈めるものや血流を良くするものです。
また、胃腸が弱っている場合もあるので胃腸の調子を整える漢方薬が出されることがあります。

手湿疹の治療は塗り薬が一番効果が出るので、基本塗り薬です。
塗り薬で治っていくようなら、飲み薬は要らないかと思います。

医師とよく相談して決めてくださいね。

  • 手湿疹の症状
    水泡、ジュクジュクとしたただれ(びらん)、かゆみ、乾燥、ひび割れ、皮膚が硬くなる(角化)などがあります。
    最初は少しかゆい、赤みがある程度なので湿疹と気づかなず放置してしまうことが多いです。

  • 手湿疹の原因
    皮脂膜が取れたことによる乾燥が原因です。
    乾燥すると、外から刺激を受けやすくかゆみや炎症を引き起こします。
    これが手湿疹です。

  • 治し方
    手湿疹の治し方は、基本塗り薬です。ステロイドの入った塗り薬が効果的です。

  • おすすめ市販薬
    メンタームのメディクイックの軟膏タイプです。
    患部を保護ししっとり感があります。
    薬選びに迷ったら、薬局やドラッグストアにる薬剤師に相談するといいですよ、薬のことをいろいろ教えてます。

  • 皮膚科での治療
    手湿疹の治療は、基本塗り薬です。
    これは、市販薬でも病院の処方でも変わりません。
    皮膚科の場合、症状に応じて細かくステロイドの薬を設定することができます。
    また、必要に応じて飲み薬を併用することできます。

最後に

市販薬のメリットは手に入りやすく、すぐに対処ができることです。まずは症状をよく見て原因を照らし合わせてみましょう。わからないときは薬剤師に聞くとアドバイスしてくれます。

当ブログではこの記事の情報についての責任は負いかねますので、この記事の情報を参考にしていただく場合には、ご利用者様ご自身の責任でお願い致します。

スポンサードリンク