インフルエンザ症状の出た子供が検査を受ける3つのタイミング

冬場の子供の急な発熱には、インフルエンザの疑い可能性が大です。
とは言っても、風邪なのかインフルなのか症状に迷います。
風邪なら、わざわざインフルエンザの患者が大勢いる病院に行きたくはありませんよね?
では、いつインフルエンザ検査を受けたらいいかというと、高熱に加え全身症状が出た時です。
この記事では、高熱って何度くらい?全身症状ってどんな症状?検査は発症から何時間以内?などなど気になること具体的にまとめました。
お子さんの急な発熱に慌てないためにも、今すぐチェックしてくださいね。

スポンサードリンク

子供がインフルエンザ検査を受けるべき3つのタイミング

風邪とインフルエンザの症状は似ています。

インフルエンザの症状が迷う場合、インフルエンザ患者であふれかえる病院にはできれば連れていきたくないのが親心。
それゆえ、子供にインフルエンザの検査を受けさせるタイミングって難しいです(泣)

そこで、インフルエンザの検査を受けるべき3つのタイミングを挙げてみます。

1、高熱って何度?

発熱は、風邪もインフルエンザにもみられる症状です。

インフルエンザの症状による発熱は、38度~40度です。
38度~40度の高熱に加え、熱が急激に上がるのがインフルエンザ発熱の特徴です。

風邪の場合、徐々に熱が上がっていきます。
咳やのどの痛みなどがあるものの、微熱で済んでしまうこともあります。

インフルエンザの場合は、一気に高熱になり、熱により体がとてもだるくなります。

お子さんが高熱でとてもだるそうにしている時はインフルエンザの疑いが濃いです。

2、全身症状って何?

インフルエンザと風邪の違いは、全身症状があるかないです。

風邪の場合、のどの痛み、咳、頭痛など部分的に発症するのが主な症状です。

インフルエンザの場合、高熱に加え、悪寒(ひどく寒がる)、筋肉痛、関節痛、全身の倦怠感というように体全体に痛みやだるさが出ます。

子供が高熱を出した場合、寒がっていないか、体が痛くないか聞いてみましょう。

また、子供の様子を注意深く見てください。
とてもだるそうにぐったりしていたり、目がトロンとして、いつもと違う様子の場合は、インフルエンザ検査のために病院へ行く準備をしましょう。

3、検査は発症から何時間以内に受けたらいいの?

インフルエンザ検査は、症状が発症して、早くに受けても結果が出ないことがあります。
 早すぎると、医師から『もう少し時間をおいてから検査に来て下さい』と、家に帰されることがあるので、検査のタイミングを見極めたいところです。

スポンサードリンク

では、いつ検査を受けたらいいのか?

検査を受けるタイミングは、発症から12時間後以降、48時間以内がベストだと考えられています。

インフルエンザにかかったら、すぐ検査受けたいですよね?

でも、なぜ発症から12時間後以降?

発症から12時間~24時間が経っていないと、陰性になることがあります。

要するにウイルスの数が少ないと、判定が正しくできません。

検査の結果をより正しいものにするには、インフルエンザが発症してから何時間経ったかを医師に伝え、指示をもらいましょう。

ただし、緊急性がある時は、早く受診しましょう。
緊急性がある症状とは、けいれんや意識混濁がある時、脳炎や肺炎を合併している時など。

そして、なぜ48時間以内に検査を受けるべきなのか?

これは、抗インフルエンザウイルス薬は発症から48時間以内に飲みはじめないと効果がないと言われているからです。

インフルエンザ検査はと、どんな検査?

インフルエンザで実際に病院に行ったら、どのような検査を受けるかというと、

【迅速抗原検出キット】による検査です。

この検査は、鼻の奥やのどの奥に綿棒を入れて粘膜をぬぐい、サンプルを採取。
この綿棒を検査キットにセットし、結果を待ちます。

この検査は30分以内にA型、B型の判別、インフルエンザウイルスの有無の結果を知ることができます。

検査費用はいくら?

インフルエンザの検査費用は、3割負担で2000円程度です。

夜間外来や休日診察の場合、診察料が異なりますの確認してくださいね。(診察料が割高です)

インフルエンザ症状の出た子供が検査を受ける3つのタイミングのまとめ

  • 子供がインフルエンザ検査を受けるべき3つのタイミング
    【1、高熱って何度?】→インフルエンザの症状による発熱は、38度~40度です。 38度~40度の高熱に加え、熱が急激に上がるのがインフルエンザ発熱の特徴です。
    【2、全身症状って何?】→高熱に加え、悪寒(ひどく寒がる)、筋肉痛、関節痛、全身の倦怠感というように体全体に痛みやだるさが出ます。
    【3、検査は発症から何時間以内に受けたらいいの?】→検査を受けるタイミングは、発症から12時間後以降、48時間以内がベスト。
  • インフルエンザ検査はと、どんな検査?
    迅速抗原検出キットを使った、綿棒でのどや鼻からウイルスを採取する検査です。
    検査費用は、3割負担で2000円くらい。

最後に

子供の熱ってホント焦りますよね。
早く病院に連れて行っても、検査のできるタイミングじゃないと二度手間になってしまうし、遅すぎると回復が遅れるし、ベストなタイミングって難しいです。
今回検査に行くのポイントをまとめたので、ぜひ参考にしてください。

当ブログではこの記事の情報についての責任は負いかねますので、この記事の情報を参考にしていただく場合には、ご利用者様ご自身の責任でお願い致します。

スポンサードリンク