インフルエンザの潜伏期間で症状が出る前の子供の対処法とは?

冬場の子供の体調不良で真っ先に思い浮かぶのが、インフルエンザではないでしょうか?
インフルエンザは、感染しても潜伏期間があり、はっきりとした症状が出ないので、適切な対処をされずに見逃されることがあります。
しかし、気づいたら子供がグッタリしていて、慌てて病院に行くなんてこともあります。
この記事では、インフルエンザの潜伏期間で症状が出る前にできる対処法を3つ紹介します。
インフルエンザの本格的な症状が出た時にお子さんが少しでも楽に過ごせるように、ぜひチェックしてください。

スポンサードリンク

インフルエンザ!?と思ったら、するべき3つの対処とは

インフルエンザは症状が出なければ、何もしなくてもいいと思われがちですが、そうではありません。

潜伏期間に体調に気をつけることで、体力の消耗を減らし少しでも早い回復につながります。

1、温かい格好をさせ、汗に注意

お子さんが寒気を感じている場合、温かい格好させましょう。

倦怠感がなく座って過ごせるなら、上着を一枚多く羽織らせたり、ストールで肩を冷やさないようにしたり、ひざ掛けで足元の保温をします。

寝て過ごすなら、薄手のブランケットを一枚足しすなどして布団の中を暖かく保ちましょう。

寒気がおさまったら、今度は、汗に気をつけましょう。

汗をかき、その汗が冷えるとまた体が冷えて悪寒の原因になってしまいます。
肌着が汗で湿っていないか、時々チェックして取り替えましょう。

2、熱っぽく、暑がるときは穏やかに冷やす

暑がっている場合、冷やしてしてあげましょう。
直接保冷剤が肌に触れないようにタオルに包んで使います。

インフルエンザの特徴的な症状に全身痛があります。
このような体の痛みある時は、冷やし過ぎて痛みが強くならないように気をつけます。

特に高熱でなければ、本人が気持ちいい箇所を冷やしてかまいません。
おでこや脇などを位置を時々変えながら冷やします。
首は寒気を感じやすいので、体が冷えないようにまめに位置を変えて冷やします。

3、無理に食事を摂らせない、水分補給に心掛ける

食欲がなければ、食べなくてもOKです。

体調が悪い時に無理に食べても消化に時間がかかり、体に負担がかかります。
また、今後、熱が上がってきた時に、気持ち悪くなったり嘔吐の原因になってしまいます。
食べられるようなら、油っぽいものや繊維質の多いものは避け、消化の良いものを食べさせてください。

食事は摂らなくても、水分補給はしましょう。
常温の水やぬるま湯を適度に摂ります。

口が乾いたらコップに半分程度をゆっくり飲む。

のどの渇きがない場合、2時間に一回は水分を摂るようにします。
量や飲む頻度に決まりはないですが、水分を摂る意識を忘れないことが大事です。

スポンサードリンク

インフルエンザの潜伏期間に病院に行ってもいいの?

“もしかしてインフルエンザにかかった!?”
でも、まだ、‘疑わしい’という段階で病院に行っていいのか迷いますよね。

結論から言うと、インフルエンザの疑いあり、つまり、潜伏期間でも病院に行って診察を受けても良いです。

だたし、ごく初期の段階だとウイルスの数が少なく、検査してもインフルエンザの判定できないこともあります。

このような場合は今後どうするかというと、二通りの対処があります。

一つは、もう少し時間を置いて、また検査をしに来る。
二つめは、その場でインフルエンザの薬を処方をしてもらい、服用する。

もう一度診察に行く際の注意点

ただの風邪かもしれないから、もう少し家で様子をみたいといのもアリです。

お子さんが辛そうにしてなくて医師からも一旦家に帰ってよいと言われれば、それでもよいと思います。
ただし、体調の悪い時に病院の二往復はキツイので、お子さんの体調を常に気に掛けてあげましょう。

症状が悪化してから病院に行くのではなく、できるだけ症状が軽いうちに行ってくださいね。

薬を飲んだ後の家でも過ごし方

薬は、飲む量・飲む回数はしっかり守りましょう。
出された薬は飲み切ってよい(日数分をすべて服用)と思いますが、そのあたりは医師からどのように指示が出されるかよく確認してください。

インフルエンザの症状が出たら、そのまま薬を飲み続け、治るまで家で待機になります。
特に、体調の急変がなければ病院に行く必要はありません。

インフルエンザの潜伏期間で症状が出る前の子供の対処法とは?のまとめ

  • インフルエンザ!?と思ったら、するべき3つの対処とは
    1、温かい格好をさせ、汗に注意
    →お子さんが寒気を感じている場合、温かい格好させます。肌着が汗で湿っていないか、時々チェックして取り替えましょう。
    2、熱っぽく、暑がるときは穏やかに冷やす
    →直接保冷剤が肌に触れないようにタオルに包んで使います。冷やしすぎないように注意。
    3、無理に食事を摂らせない、水分補給に心掛ける
    →食欲がなければ、食べなくてもOKです。ただし水分補給はしましょう。量や飲む頻度に決まりはないですが、水分を摂る意識を忘れないことが大事です。
  • インフルエンザの潜伏期間に病院に行ってもいいの?
    インフルエンザの疑いあり、つまり、潜伏期間でも病院に行って診察を受けても良いです。
    もう一度診察に行く際の注意点
    二回目は症状が悪化してから病院に行くのではなく、できるだけ症状が軽いうちに行く。薬を飲んだ後の家でも過ごし方
    出された薬の飲む量・飲む回数はしっかり守りましょう。
    インフルエンザの症状が出たら、そのまま薬を飲み続け、治るまで家で待機。
    特に、体調の急変がなければ病院に行く必要はありません。

最後に

インフルエンザは症状が出てから病院に行くことが多いですが、潜伏期間に適切な対処をすることで、免疫力を保ち体調の急変にも対応できます。

当ブログではこの記事の情報についての責任は負いかねますので、この記事の情報を参考にしていただく場合には、ご利用者様ご自身の責任でお願い致します。

スポンサードリンク